DAZN (ダ・ゾーン) とは?どんな番組が見られるの?

DAZNアイコン

2017年1月から10年間のJリーグ放送権を獲得したことで注目が集まっているDAZN(ダ・ゾーン)。

世界各地でサービスが始まっていますが、日本ではまだそれほど知名度が高くなく、「いったいどのようなサービスなんだろう?」気になっている方も多いかと思います。

  • 「DAZNってどんなサービスなの?」
  • 「ケーブルテレビ?衛星放送?インターネット配信?」
  • 「Jリーグ以外に見れる番組ってどんなものがあるの?」
  • 「食べれるの?」

などなど、DAZNに興味はあるけど、イマイチその実態が分からない・・・という方は、ぜひご覧になってみてください。

DAZN (ダ・ゾーン) とは?

DAZNとはスポーツコンテンツに特化した動画配信サービスです。映画・ドラマに特化した動画サービス「hulu」のスポーツ版と言ったところですね。

日本では、スポーツ系のオンデマンド動画配信サービスと言うと「スカパー!」「スポナビ」「WOWOW」辺りが有名かと思います。

 

DAZNは「家でも、外でも、ライブでもオンデマンドでも、好きなスポーツを、好きな方法で、好きなだけ」を売りにしており、世界中のスポーツ好きなチーム/リーグの試合をお手軽に視聴することができます。

放送する試合数は年間なんと6,000以上!

「家でも、外でも」と謳っている通り、インターネットにさえ接続すれば、家のテレビからでも、外でモバイル機器を使ってでも視聴することができます。

ライブ配信が売りの一つですが、見逃してしまった試合があったとしても「見逃し配信」という機能で一定期間いつでも視聴できることも特徴です。

DAZN(ダ・ゾーン)ってケーブルテレビ?衛星放送?インターネット配信?

DAZN(ダ・ゾーン)は「ネットさえあればどこでも見られる!」と謳っている通り、配信形式はインターネット配信です。

「ふーん、そうなんだ」と思ったあなた。ちょっと待ってください!

「そもそもインターネット配信ってなんなの?衛星放送やケーブルテレビとの違いってなに?」という部分を確りと理解した方が、よりDAZNの特徴を理解できますよ!

ということでそれぞれの特徴を早速見ていきましょう!

衛星放送

衛星放送とは、宇宙を漂っている人工衛星を使って電波を家庭に届ける放送形態のことを言います。

≪衛星放送の仕組み≫

(出典:衛星放送協会)

衛星放送の特徴は、山など障害物が多い地域にも電波を送ることができる部分にあり、我々ユーザーが感じるメリットとしては

  • 災害時に強い
  • 電波が建物や地形の影響で乱れることがない

といったことが挙げられるでしょう。

一見すると大変メリットの大きい配信形態ですが、そういったプラス部分を享受するためには専用の受信機を設置する必要があります。

なお、衛星放送形式で配信している動画配信サービスに「スカパー!」「WOWOW」等があります。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビは、有線ケーブルを用いてケーブルテレビ局と一軒一軒の家庭を結び、番組を配信する形態です。

%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93
(出典:Cyber Links)

ケーブルテレビの特徴は、有線であるがゆえにアンテナを必要とせず、

  • 障害物や天候による映像の乱れ
  • アンテナの角度などによって生じるブロックノイズ

といったものに悩まれずに済むことでしょう。

但し、アンテナの設置は必要ないとはいえ、ケーブルは敷設する必要があります。

最近では「スカパー!」「WOWOW」もケーブルテレビ経由で申し込み・視聴することができるようになっています。

インターネット配信

最後にインターネット配信ですが、こちらは文字通りインターネット回線を通して映像を配信するサービスです。

大きな特徴としては、ネット回線さえあれば特別な設備を必要とせず、すぐにでもコンテンツを楽しめることでしょう。

但し、衛星放送やケーブルテレビと比べ、「映像や音声の質が落ちるのでは?」と心配する声も聞かれます。

インターネット配信でコンテンツを提供している動画配信サービスには「DAZN」「スポナビ」等があります。

DAZN (ダ・ゾーン) で視聴可能なスポーツ一覧!

年間6,000以上ものコンテンツを提供するDAZNですが、Jリーグ以外でどの様なスポーツが見れるのか気になるところですね。

2016年12月時点で視聴可能なスポーツは以下の通りとなります。

(「視聴可能な試合」欄に記載されているリーグ・大会はあくまで一例です。)

卓球ITTFワールドツアー グランドファイナルズ

スポーツ名 視聴可能な試合
サッカー Jリーグ
ブンデスリーガ(ドイツ)
セリエA(イタリア)
FIFAワールドカップ2018
野球 横浜DeNAベイスターズ ホームゲーム
広島東洋カープ ホームゲーム
MLB(アメリカ)
ラグビー ジャパンラグビートップリーグ
ナショナルラグビーリーグテルストラ・プレミアシップ
(オーストラリア・ニュージーランド)
バレーボール Vリーグ プレミアリーグ男子・女子
FIVB世界クラブ選手権男子/女子
格闘技 UFC ナンバリング大会メインカード
Glory
バスケットボール NBA
Basketball Champions League
テニス ATPワールドツアー・250シリーズ
WTAプレミアトーナメント
WTAインターナショナルトーナメント
モータースポーツ F1、GP2、GP3
ポルシェスーパーカップ
アメリカンフットボール NFL
アイスホッケー NHL(アメリカ)
NHLワールドカップ
ゴルフ アメリカPGAツアー(16/17シーズン)
ダーツ 2016 PDC Players Championships
PDC World Championships
ボウリング ウェーバーカップ(イギリス)
ビリヤード モスコーニカップ
フィッシング Fish O Mania(イギリス)
Fish O Maniaインターナショナル(イギリス)
バドミントン BWFグランプリゴールド/グランプリ
BWFインターナショナルシリーズ
BWFコペンハーゲンマスターズ
スカッシュ PSAワールドツアー
馬術 FEI世界馬術選手権
フルシヤFEIネーションズカップ
水泳 FINA World Cup Swimming Series
陸上・マラソン 国際マラソン・ロードレース
IAAFワールドチャレンジ
IAAF世界室内選手権
サイクルロードレース ジロ・デ・イタリア2017(イタリア)
ストラーデ・ビアンケ(イタリア)
UCIフランダースクラシック
英国ツアー(イギリス)

見られるスポーツや試合・大会・リーグは適宜変更されますので都度更新して参ります。

DAZN (ダ・ゾーン) を視聴できるデバイス

DAZNのコンテンツはインターネットに接続できる環境であればいつでもどこでも視聴することが出来ることが売りの一つです。

映像の解像度はフルHDで、画質はネット環境と端末のスペックに最適化された形で配信されます。

DAZNを視聴することができるデバイスは次の通りです。

デバイス
テレビ
(スマートテレビ)
PC
スマホ
タブレット
ゲーム機

DAZNのコンテンツは1アカウント契約につき、同時に2台のデバイスで視聴ができ、登録可能なデバイスは6台までです。

ですので一家で1アカウントを契約すれば、普段はテレビで視聴し、出張等で家を離れるときは、テレビとモバイル端末を併用してコンテンツを楽しむことが出来ます!

2 件のコメント

  • どうもはじめまして。中々面白い特集サイトだと思います。
    DAZNに関しては、正直私はかなり感動してるサービスです。
    まあ正確にはDAZNというより 動画配信ネット配信の勢いからいってDAZNは非常に面白いな 可能性あるなと思っています。

    動画配信各社が一番重視してるのが「TVでの視聴」なので、気が向けば最初のレビューはTVのをやってくれませんかね?

    あと管理人さんに質問ですが、huluやnetflixなど何か動画配信サービス入ってますか?

    • >WXさん

      初めまして。コメント頂き有難う御座います。

      >動画配信ネット配信の勢いからいってDAZNは非常に面白いな 可能性あるな
      私も同意見です。知名度的には今はスカパー等の他サービスほどありませんが、
      これも時間の問題ですね。来季のJリーグ放送をDAZNが占めることで、今後一気に有名になると思います。

      >気が向けば最初のレビューはTVのをやってくれませんかね?
      承知しました。近いうちにテレビで視聴した場合のレビューを更新致しますね。

      >huluやnetflixなど何か動画配信サービス入ってますか?
      netflixは1度も入ったことがありませんが、huluは昔入っていました。
      映画好きということもあり、豊富なコンテンツに惹かれて入会してみたものの、
      時間が確保できず思ったほど視聴できなかったこともあり、「DVDで良いか」と退会してしまいましたね。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です