DAZN(ダゾーン)のNBA放送の画質は?放送試合数は?レブロン・ジェームズは見られる?

NBA

DAZNは多くの海外スポーツの試合を放送していることが特徴の1つです。

DAZNはバスケットボールの本場であるNBA(アメリカプロバスケットボール)を取り扱っているので、DAZNの契約を考えている方の中にはバスケットボールファンも多くいるかと思います。

ですが、DAZNは日本に上陸したばかりということもあり、「NBAの試合の画質は大丈夫なの?」「どれくらいの試合数が放送されるの?」「見たいチームのプレーは放送されるの?」といった心配もあるかと思います。

そこでこのページでは

  • DAZNで放送されるNBAの画質
  • DAZNで放送されるNBAの試合数
  • DAZNでレブロン・ジェームズのプレーは見られるか。

といった部分についてまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。

DAZNで放送されるNBAの画質

まずは画質について見てみましょう。

バスケットボールはよく動くスポーツですので画質や動画がスムーズに流れるかはとても重要なポイントです。

なお、DAZNは通信環境によって自動的に画質が変更される仕様となっており、DAZNより示されている通信速度の推奨環境は以下の通りです。

  • 標準画質(720p)で動画を見る場合:5.0Mbps
  • HD画質(1080p)で動画を見る場合:9.0Mbps

なお、管理人がDAZNを視聴している通信速度は次の通り。

DAZN 通信速度1

標準画質で見るのにぎりぎりの通信環境でした。笑

それでは早速見てみます。

DAZN バスケットボール1

この時はライブ放送されている試合がちょうど無かったため、見逃し配信されていた「ロケッツVSウォリアーズ」を選択。

実際に見てみた時の画質は以下の通りでした。

DAZN バスケットボール5 DAZN バスケットボール3 DAZN バスケットボール4 DAZN バスケットボール2

4K画質とまではいきませんが、NBAを楽しむには十分な画質であると個人的には感じました。

DAZNで放送されるNBAの試合数

続いてはDAZNで放送されるNBAの試合数を見てみましょう。

2017年1月時点においてDAZNの公式ホームページには以下の通り記載されております。

配信コンテンツ 配信内容
NBA レギュラーシーズン140試合
オールスター、プレーオフ、ファイナル

放送される試合数は、レギュラーシーズンで年間140試合。

一方でNBAのレギュラーシーズンは10月の最終週に開幕し、各チームは1年間で82試合を行います。

現在NBAのチーム数は30チームありますので、年間で行われる試合数は1,230試合にも上ります。

ですのでNBA全試合のなかでDAZNが放送する試合の割合は140÷1,230=11.4%となり、約10%強。

1節あたり1〜2試合となっており、数としてはあまり多くはありません。

特定の試合が見られれば良いという人にとっては十分かも知れませんが、濃いNBAファンにとっては少々物足りないかも知れませんね。

DAZNでレブロン・ジェームズのプレーは見られる?

DAZNの放送試合数は上述の通りそれ程多くは無いので、果たして自分の見たいチームが放送されているか気になるところかと思います。

例えば日本人の中でも有名な選手「レブロン・ジェームズ」が所属するクリーブランド・キャバリアーズの試合は見られるのでしょうか。

今回はクリーブランド・キャバリアーズに限定して検証して見ました。

まずはDAZNの配信スケジュールを確認。

そして2017年1月のクリーブランド・キャバリアーズの試合日程とDAZNが放送する日をまとめた表が以下の通りです。

日付 対戦相手 DAZN放送の有無
1/22 スパーズ
1/24 ペリカンズ
1/26 キングス
1/28 ネッツ
1/30 サンダー
1/31 マーベリックス

6試合中2試合と少し物足りない結果ですね。

「これでも十分楽しめる!」あるいは「他のスポーツも見るから」という方には良いかもしれませんが、もしがっつりNBAを観たいという目的なのであれば、少し考えた方が良いかも知れません。

今後DAZNが放送するNBAの試合数を増やしてくれることを期待しましょう!

本日も最後までお読みいただき有難う御座いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です